デメリット

便秘解消サプリメントのデメリット

便秘で悩んでいる女性はとても多いようです。
女性の半数以上が便秘であるとも言われていて、毎日の食生活や生活習慣などが大いに関係しています。
便秘はそのままにしておいても悪化するばかりにですので、早めに何か対策をとることが大切です。
毎日スッキリと出ることはそのまま健康のバロメーターにもなりますので、便秘にならないような生活を心がけることが大切なのですが、どうしても便秘になっていしまったら、早くなんとかしたいという気持ちから市販の便秘薬を使う方も多いようです。

薬局などで手軽に購入できますので、試したことのある方も多いことでしょう。
かなり即効性はありますので、これまでの頑固な便秘がなんだったのか!と思うほどですね。
しかしこのような市販の便秘薬にはデメリットもあります。

それは続けて飲んでいるあいだに効果が見られなくなることです。
徐々に服用する量が多くなってしまうのですが、これは市販の薬が強制的に腸の蠕動運動と促しているからです。
薬で強制的に行っているうちに腸がその刺激に慣れてしまうのです。

ですから市販の便秘薬の効果が、続けて飲んでいるうちに効かなくなってしまうのです。
それよりもオススメなのはお腹の悩みの解消のためのサプリメントです。
この種類のサプリメントは、乳酸菌やオリゴ糖が配合されたサプリメントで、腸の蠕動運動を強制的に促すようなものではなくて、腸内環境を改善するのに非常に効果があるものです。

慢性化した便秘の方は、腸内環境が悪化しています。
悪玉菌が増加して、腐敗した物質がお腹のなかに溜まってしまっています。
これを解消するためには、まず腸のなかを改善することが大切ですが、これに役だってくれるのが乳酸菌やオリゴ糖です。

サプリメントであれば、これらの成分がギュッと詰まっていますので、手軽に摂取することができます。
ただこのようなお腹の悩みの解消のサプリメントは、即効性がないというデメリットもあります。
すぐにでも出したい!と言う方にとっては、期待はずれに見えるかもしれませんが、腸内環境を改善することが根本的な解決方法ですので、継続的に摂取することをオススメします。

このページの先頭へ