デメリット

便秘に下剤って効果的なの?

排便がスムーズに行えないことや、何日も便が出ないこと、出ても便がカチカチであることなどの状態を便秘と言います。
毎日スッキリでることは健康のバロメーターでもあるのですが、逆に便秘が続くことは、カラダが健康でないことの証でもあるのです。
たかが便秘と放置しておくと肌の調子も悪くなり、太りやすい体質になったり、ガスや老廃物がお腹の中に溜まってしまい、お腹がぽっこりと出た状態になってしまうことでしょう。

何日もこのような状態を放置しておけば、腸に溜まった毒素がカラダ全体に血液を通して行き渡ってしまうことになるのです。
考えただけでもコワイことですよね。
便秘になるとカラダがだるくなる、なんとなく不調になる、頭もどんよりとしてくるのは、このような理由からなんですね。

いち早く便秘を解消して、スッキリとした生活を送るためには、便秘にならないような生活を心がけることが一番大切ですね。
野菜や水分をたっぷりと摂り、生活リズムを整えたり、睡眠をしっかり摂ったり、などの基本的な生活を改善することが大切ですが、頑固な便秘には、なかなか効果が見られないことも多いでしょう。

そこで即効性のある下剤が活躍してくれます。
この下剤は、強制的に動きの悪くなった大腸の蠕動運動を刺激する働きのある薬です。
下剤に含まれている有効成分が、腸の蠕動運動を無理やり起こし、便を排出させるのです。

自然なお通じではなくて、刺激によって強制的にお通じを起こす下剤は、あくまでも最終的な手段ですので、いつも常用するのはとても危険です。
下剤を使用すれば、お腹に激痛が走ることもありますし、最もコワイのは、下剤なしでは排便できなくなることも考えられるのです。
便秘を根本的に解決するためには、大腸が元々持っている蠕動運動の働きを良くしてあげることです。
腸内環境を良くするための、乳酸菌や野菜などをたくさん摂ることや、適度な運動をすることなどが、便秘解消には最も効果的なことです。

このページの先頭へ